情報流出はとても危険だ!{世界中に漏れてしまう前に対策を}

脆弱性対策の重要性

脆弱性対策のためのテスト

人間関係

自社にてウェブアプリケーションを開発している企業は、ウェブアプリケーションの脆弱性対策を行う必要があります。ウェブアプリケーションに脆弱性があった場合、セキュリティホールとなり外部からの攻撃を受けて、情報の流出などのセキュリティ事故につながります。ウェブアプリケーションの脆弱性対策としては、作成したアプリケーションに対するテストを厳重に行うことが有効です。脆弱性対策のためのテストは、テストツールのソフトウェアを活用することで実施することができます。ウェブアプリケーションのバージョンをあげる際には、その都度テストを行うことが重要です。テストツールには、完成したアプリケーションに対してテストを実行するものと、作成中のアプリケーションのソースコードに対して実行するものがあります。

テストツールの活用と外部委託

脆弱性対策のためのウェブアプリケーションへのテストの実行において、ソースコードの段階でテストを繰り返すことにより、開発の手戻りが少なくなり開発のスピードをあげることができます。完成したアプリケーションに対してテストを実行した場合、そこで脆弱性がみつかると大きな開発の手戻りが発生してしまいます。また、テストの実行は自社内にてテストツールを導入して実行することができますが、専門の業者に対して外部委託することもできます。外部委託をする場合は、費用はテストの実行のたびにかかるケースが多いので注意が必要です。外部委託にてテストを外部に依頼したほうが、社内のシステム担当者への負担は軽減される傾向にあります。