情報流出はとても危険だ!{世界中に漏れてしまう前に対策を}

しっかりと対策を

機器の導入と監視サービス

話し合い

最近では、特定の企業を狙った標的型攻撃が増えてきており、企業内の情報を守るためにネットワークセキュリティを強化する必要がでてきています。 ネットワークセキュリティを強化する方法のひとつとして、IPSやIDSと呼ばれる機器をネットワーク上に設置する方法があります。IPSやIDSはネットワーク上にて攻撃を検知することができ、特にIPSは攻撃に対して防御する機能も備えています。IPSやIDSを設置して運用する際には、運用のサービスを受けることも可能です。攻撃を検知した際には、リアルタイムに対応する必要があり、運用担当者の負担は大きいです。24時365日で監視サービスを提供しているところがありますので、負担を軽減しセキュリティを強化することができます。

ネットワークセキュリティ機器であるIPSやIDSの価格は、監視するネットワークの通信量や監視対象の数により大きく異なります。 例えば、200Mbpsほどの通信であれば、機器については100万円ほどの費用から始められます。数Gbpsの通信になれば数千万円の費用がかかることがあります。機器の設置はネットワーク上に行う必要があるため、設置の費用など初期の導入費用もかかります。自社で運用する場合は、運用の費用についても考えておく必要があります。 ネットワークセキュリティの監視サービスを利用する場合については、月額で監視対象1台あたり数十万円で提供されているものが多いです。サービスを利用する場合でも機器の費用や導入費用は必要です。