情報流出はとても危険だ!{世界中に漏れてしまう前に対策を}

効果的な対策

脆弱性とその対策について

握手

コンピューター上で稼働しているソフトウェアには、必ずと言っていいほど脆弱性が存在している。それは、プログラムには不具合や問題個所が入り込んでしまうためである。 悪意を持った者は、これらの脆弱性を突き、外部からデータへのアクセスを試みたり、データを持ち出すということを行う。これらの脆弱性対策については、今日のシステム化が進んだ社会においては最も重要なものとされ、各企業でも対策が取られている。 その対策としては、まずはオペレーションシステムのバージョンアップや、ソフトウェアのバージョンアップなどがある。通常、ソフトウェアを提供する会社では脆弱性対策の為、これらの改修版のアプリを配布するため、それらを適用することで脆弱性対策が行われるケースが通常となっている。

脆弱性対策の方法について

脆弱性対策では、一般的にはアプリケーションを提供している会社が、その修正版としてソフトを配布することが一般的になっている。その為、利用者はこれらの会社のサイトなどから修正版のソフトウェアをインストールすることで脆弱性対策を行うことができる。 また、これらの修正版ソフトウェアは、一定期間であれば無償で提供されるケースも多くなっている。 これらの改修版ソフトの適用以外では、ウィルス対策ソフトなどを導入することで、不正侵入の監視が行われる。ウィルス対策ソフトについても、無償で提供されているものと、有償で提供されるものがあり、企業などでは有償で提供されるソフトウェアを使用していることが一般的となっている。